森友学園

「総括教員」が就任辞退…現場の要

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ごみと土砂の分別作業が進む森友学園の小学校用地=大阪府豊中市で、米山淳撮影
ごみと土砂の分別作業が進む森友学園の小学校用地=大阪府豊中市で、米山淳撮影

 大阪市の学校法人「森友学園」の小学校開校計画を巡り、学園の要となる「総括教員」(非常勤)が就任を辞退したことがわかった。学園が大阪府に示した教員等雇用予定者リスト(18人)によると、校長と教頭を除く専任教員・講師8人のうち6人は初任者や経験年数1~4年程度だが、学園は「総括教員が指導する」としていた。籠池泰典理事長の履歴書には経歴に疑義が浮上しており、小学校設置認可を巡る府の判断に影響しそうだ。

 学園は2月22日、府に雇用予定者リストを提示。大阪府内の小学校の男性校長を総括教員として登載した。男性校長は今年度で退職予定で学園と採用に関して協議していたが、総括教員になるという話はなかった。校長は毎日新聞の取材に「2月25日に断りの連絡を入れた。仕事内容まで協議していたわけではなく、総括教員としてリストに登載されていたことに衝撃を受けている」と話した。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文744文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集