メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤマト

値上げ検討 背景にネット通販の広がりと人手不足

ヤマト見直しのポイントとアマゾンの日本での売上高

 ヤマト運輸が宅配便の基本運賃を9月末をめどに引き上げる検討に入った。インターネット通販大手のアマゾンジャパンと契約した2013年以降、宅配便の荷物が急増し、人件費がかさむなど経営を圧迫しているためだ。運賃値上げで通販業者のコストが増えれば、「送料無料」など現行のサービスが見直される可能性もある。

 「『利益なき超繁忙』に陥っている」。ヤマト関係者は7日、ヤマトの現状をこう指摘した。荷物急増で売り上げは伸びているが、コストがかさんで利益は減っているためだ。

 ヤマトの宅配便はアマゾンなど法人との契約が9割を占める。荷物の大きさなどで決まる基本運賃は法人、個人ともに適用されるが、法人は取扱個数の増加に応じて割引になるしくみ。ヤマトの大口顧客のアマゾンジャパンは、2016年の売上高が前年比3割増の107億9700万ドル(約1・2兆円)となり、初めて1兆円を超えた。アマゾンの荷物をほぼ一手に引き受けるヤマトの取扱個数も急増しているが、運賃の割引も大きくなる…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです