メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

長期避難生活の備えは 多くは在宅「自助」「近助」で

 阪神大震災や東日本大震災のような大災害では、電気、水道などのライフラインが長期にわたり途絶える。自宅の被害を免れたとしても、不便な「在宅避難生活」が続く。体育館など指定避難所での暮らしを強いられることも予想される。事前にどんな備えをしておけばいいのだろうか。【沢田石洋史】

非常用トイレは不可欠/部屋の照明にランタン/発電機など共有視野に

 2011年3月11日に起きた東日本大震災で、損傷したライフラインがどう復旧したかについて、仙台市の事例を説明しよう。沿岸部が津波に襲われる一方、内陸部でも断水、停電などに見舞われた。津波被災地を除き、水道が全面復旧したのは同29日、都市ガスは4月16日だった。電気の復旧までに最長2カ月かかった地域もある。

 長期避難生活の備えはどうすればいいのか。国内外で約250カ所の災害調査を実施してきた防災・危機管理…

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです