メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次世代の戦後

記憶と表現 東日本大震災 詩人 大崎清夏さん(34)

東日本大震災当時を振り返る詩人の大崎清夏さん=清水有香撮影

個人の「災い」言葉に紡ぐ

 1万5000人以上の命が奪われた東日本大震災。神奈川県在住の詩人、大崎清夏さん(34)は震災後、社会へのいらだちや不安を数編の詩に表した。「言葉は無力。言っているだけで何もしない」と大崎さんは言う。それでも「何もできないと感じている時、隣で『そうだね』ってうなずいてくれるだけで一人じゃないと思える。そんなふうに誰かのお供になれる詩が書けたら」と話す。【清水有香】

 6年前のあの日、大崎さんは東京・築地のカフェにいた。パンケーキの一口目を食べようとした時、強い揺れ…

この記事は有料記事です。

残り1643文字(全文1888文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです