メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次世代の戦後

記憶と表現 東日本大震災 詩人 大崎清夏さん(34)

東日本大震災当時を振り返る詩人の大崎清夏さん=清水有香撮影

個人の「災い」言葉に紡ぐ

 1万5000人以上の命が奪われた東日本大震災。神奈川県在住の詩人、大崎清夏さん(34)は震災後、社会へのいらだちや不安を数編の詩に表した。「言葉は無力。言っているだけで何もしない」と大崎さんは言う。それでも「何もできないと感じている時、隣で『そうだね』ってうなずいてくれるだけで一人じゃないと思える。そんなふうに誰かのお供になれる詩が書けたら」と話す。【清水有香】

 6年前のあの日、大崎さんは東京・築地のカフェにいた。パンケーキの一口目を食べようとした時、強い揺れ…

この記事は有料記事です。

残り1643文字(全文1888文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 小澤征爾さんが26日の定期演奏会を降板
  4. eスポーツ競技者はゲーム依存症にならないのか
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです