メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとりの美

県立博物館から 白川昌生の巨大な彫刻作品 戦争の記憶、変遷示す /鳥取

 「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」という哲学的な問いは、後期印象派の画家、ゴーギャンが人生の始まりから終わりまでを描いた大作のタイトルとして知られています。この難問に答えるため、数多くの思想家や宗教家、科学者たちが思索と実験を重ね、言葉を連ねてきましたが、未だ明確な答えには至っていないのが現状です。限りある人の一生は、その答えを見つけるにはあまりにも短いのかもしれません。

 さて、この問いかけを考えるとき、「記憶」はひとつのキーワードなのではないでしょうか。過去の人々の記…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1258文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです