メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

個体識別へ 足輪装着、県職員ら研修 /徳島

コウノトリのぬいぐるみを使って、足環を付ける職員ら=徳島県庁で、松山文音撮影

 国の特別天然記念物、コウノトリのひなが生まれた時に個体が識別できるように取り付ける足輪の装着研修会が8日、県庁で開かれた。兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園の船越稔主任飼育員(53)が装着方法を説明し、行政と民間で作る「コウノトリ定着推進連絡協議会」や県職員ら26人がぬいぐるみを使って動作を確認し…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです