メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年・復興の検証

中間貯蔵施設、整備遅れ 汚染土、長引く仮置き

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染が今年度でほぼ終わり、除染で出た汚染土の処理に焦点が移るが、福島県内の汚染土を最長30年間保管する中間貯蔵施設の整備は遅れている。予定地1600ヘクタールのうち、2月末時点で用地取得の契約が成立したのは約2割に過ぎない。当初3年とされた仮置き場や現場での保管が長期化するのは必至の情勢で、「30年以内に県外での最終処分完了」の見通しも揺らいでいる。【日野行介】

この記事は有料記事です。

残り2573文字(全文2771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. NY株が史上初の3万ドル台突破 大統領選巡る不透明感後退を好感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです