連載

発信箱

毎日新聞デジタルの「発信箱」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

発信箱

政と官の対応=二木一夫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 学校法人「森友学園」が小学校の建設を予定していた大阪府豊中市の国有地にごみが埋まっていた。その処理を巡る近畿財務局の対応に、学園の籠池(かごいけ)泰典理事長は不満があったようだ。

 鴻池祥肇(よしただ)参院議員の事務所が作成した「陳情整理報告書」によると、昨年3月15日に財務局の職員が事務所にこのように説明している。

 「14日籠池理事長と面談済み。納得はされず、本日財務省理財局へ行かれました。本省より、近畿財務局でキチンと対応する旨、説明済み」「地下埋設物の撤去にかかる予算は、地主の大阪航空局。財務局は契約関係のみ 今後も話し合っていきます」

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文655文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集