メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホ

「新顔」中国市場席巻 充電・写真、高性能化 ニーズつかむ

店頭販売を重視するOPPOとvivoは販売店を急速に増やしている=中国北京市で2017年2月22日、赤間清広撮影

 【北京・赤間清広】OPPO(オッポ)、vivo(ビボ)--。中国国外ではほとんど名前が知られていないスマートフォンの新興中国ブランドが、世界一の市場に成長した中国を席巻している。これまで価格の安さを売りに米アップルなど大手に挑んできた中国勢だが、新興ブランドは消費者ニーズに合わせた巧みな販売戦略でシェアを急拡大させている。

 「おすすめはOPPOかvivo。若い人は大抵、どちらかを選ぶね」。北京市内の携帯電話ショップ。店員…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです