メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安住を探して

原発事故からの自主避難/下 帰還者、見えない壁越え

三つになった次女の桜ちゃんとブロックで遊ぶ佐藤真由美さん=福島県伊達市で、加藤栄撮影

 「元気になるオイルはオレンジ、心を落ち着かせるのはラベンダー……」。福島県伊達市で2月上旬にあったアロマオイル講習会。市内に住む佐藤真由美さん(42)は、集まった十数人のママたちと香りを確かめ合った。3人の子どもと一緒に1年半ほど前、避難先から自宅に戻った自主避難者の一人だ。

 主催したのは交流サークル「伊達ママクローバー」。佐藤さんより前に避難先から戻っていた新井芳美さん(34)が2015年、地元にとどまった人と、ふるさとに戻った人が交流できる場を目指し、設立した。

 佐藤さんは11年5月、夫と両親を地元に残し、静岡県で母子生活を始めた。夫と会うのは年に数回。子ども…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1026文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. RSウイルス感染症 流行始まる 乳幼児、早めに受診を
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 鍾乳洞 夏でも気温16度 ひんやり涼求め 北九州

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです