メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

STOP!シルバー事故

タクシードライバー高齢化 雇用維持へ安全管理 適性検査、運転動画チェック

乗務前の準備をする永冨さんは72歳。定年後も嘱託社員として働く=福岡市南区で、青木絵美撮影

 法人タクシーの運転手に占める65歳以上の割合が昨年、28・4%と過去最高だったことが厚生労働省の調査で分かった。これまで最高だった2015年の27・4%を1・0ポイント上回り、高齢化が一層鮮明になった。背景に何があるのか。取材を進めると「若い運転手の確保が難しい事業者」と「生活のため雇用継続を望む高齢ドライバー」の持ちつ持たれつとも言える構図が浮かぶ。【青木絵美】

 「年金だけではちょっと不安だからね」。福岡市南区の永冨次雄さん(72)は、市内のタクシー会社「ラッ…

この記事は有料記事です。

残り1386文字(全文1620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです