メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

米、対話検討せず 安保理緊急会合

 【ニューヨーク國枝すみれ】北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は8日、緊急会合を開き、対応を協議した。会合後、米国のヘイリー国連大使は「すべての選択肢について考慮する」と述べる一方、北朝鮮が非核化に向けて何らかの「前向きな行動」を取らない限り、対話は検討しないと明言。当面は圧力を強める姿勢を鮮明にした。

 会合では、中国が提案した、米韓軍事演習の停止と引き換えに北朝鮮に核開発計画を放棄させることや、終末…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文582文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです