京都・青蓮院

ライトアップ 青の光で埋め尽くす

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
本堂前の庭が青の光で埋め尽くされた青蓮院のライトアップ=2017年3月6日午後7時12分、小松雄介撮影(クロスフィルター使用)
本堂前の庭が青の光で埋め尽くされた青蓮院のライトアップ=2017年3月6日午後7時12分、小松雄介撮影(クロスフィルター使用)

 日が沈み、辺りが暗くなると、本堂前に広がる苔(こけ)庭が青の光に埋め尽くされた。天台宗の門跡寺院、青蓮院(京都市東山区)のライトアップはLEDなど1000を超える照明器具によって境内をくまなく照らしている。

 本尊の熾盛光(しじょうこう)如来は全身から光を放つとされ、曼荼羅(まんだら)が本堂に安置され…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

あわせて読みたい

注目の特集