森友学園

施工業者「15億円が正しい」 府に契約書提出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
学校法人「森友学園」が建設を進める小学校の工事現=大阪府豊中市で2017年3月6日、本社ヘリから三村政司撮影
学校法人「森友学園」が建設を進める小学校の工事現=大阪府豊中市で2017年3月6日、本社ヘリから三村政司撮影

 大阪市の学校法人「森友学園」が4月開校予定の小学校を巡り金額の異なる3通の契約書が作成されていた問題で、施工業者が府建築振興課に提出した契約書の金額は、学園が国と府私学課に示した金額のいずれとも異なっていることが、9日分かった。施工業者は「15億5520万円」と報告し、建築振興課の聞き取りにも正しい金額を記したと説明しているといい、学園が国と私学課に事実と異なる報告をした疑いが強まっている。

 松井一郎知事は9日、記者団に「15億5520万円の契約書には『最終決定』と書かれてあった。施工業者が証言しており、この額が一番信ぴょう性が高い」との見方を示した。実際の工事費が15億5520万円なら、学園が設置認可を審査する府私立学校審議会(私学審)に工事費を過少に報告したことになり、収支見通しも変わる。近く開かれる私学審の審査にも影響し、「不認可」となる公算が大きくなっている。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文893文字)

あわせて読みたい

注目の特集