メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミナミ通り魔

死刑破棄、父ぼうぜん「吐きそう」

南野信吾さんの形見のネクタイとプレゼントされた腕時計をつけて判決公判の傍聴に臨む父浩二さん=大阪市北区で2017年3月9日午前9時1分、久保玲撮影

 極刑を求めた遺族の訴えは司法に届かなかった。大阪・ミナミの通り魔事件で、2人の命を突然奪った被告を死刑とした1審の裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役を言い渡した9日の大阪高裁判決。「憤りを通り越して、涙も出ない」。殺害された南野信吾さん(当時42歳)の父浩二さん(73)=大阪市生野区=は判決後、悔しさを隠さなかった。

 「原判決を破棄する」。午前10時過ぎ、中川博之裁判長が無期懲役を告げると、黒いスーツ姿の礒飛(いそ…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文815文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 確保の男「パクリやがって」恨み言 京アニ火災
  3. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  4. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  5. 「ハルヒ」原作者・谷川流さん 「被害者の回復祈るだけ」 京アニ火災で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです