メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
残業上限

「月100時間未満」最終調整 経団連と連合

 政府が検討する残業時間の上限規制について、繁忙期でも月100時間未満とし、一定期間後に見直すという案で、経団連と連合が合意に向けて最終調整していることが9日分かった。連合は100時間を上限とすることに反対を続けてきたが、将来的な見直し時期を明記し、現行で対象外の業種も将来的に規制対象とすることで合意できないか検討している。

 関係者によると、連合と経団連は労働者の健康確保措置の充実などを条件に合意内容を模索。連合への説得材料として、石井啓一国土交通相が建設業と自動車運転業務の適用除外見直しを業界団体に促したこともあり、合意に向けた環境が整いつつあるという。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです