東芝

LNGでもリスク…最大1兆円損失 販売先探し難航

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米原発事業以外にも損失リスクを抱える東芝の本社=東京都港区芝浦で2017年1月20日、本社ヘリから
米原発事業以外にも損失リスクを抱える東芝の本社=東京都港区芝浦で2017年1月20日、本社ヘリから

 米原発事業に絡む巨額損失で2017年3月期に債務超過に陥る東芝が、液化天然ガス(LNG)事業で最大約1兆円の損失リスクを抱えている。13年に当時割安だった米国産LNGを仕入れる契約を結んだが、販売先探しが難航しているためだ。売れなければ19年3月期から損失を計上しなければならず、経営危機に陥っている東芝への追い打ちとなりかねない。

 東芝は13年、19年9月から20年間にわたって、米国産の天然ガスであるシェールガス由来のLNGを年間220万トン調達する契約を米企業と結んだ。11年の東日本大震災後、国内では原発の再稼働が進まず、火力発電用のLNGの需要が急増。日本が輸入していた中東などのLNG価格は原油価格に連動しており、当時は高騰していた。このため東芝は、当時割安だった米国産シェールガス由来のLNGを調達し、低価格を武器に、…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文831文字)

あわせて読みたい

ニュース特集