宮部行範さん死去

48歳早過ぎる死 関係者も驚き隠せぬ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 1984年サラエボ冬季五輪から2002年ソルトレークシティー五輪まで6大会連続でメダルを獲得したスピードスケート男子。その栄光の系譜の中にいた92年アルベールビル五輪男子1000メートル銅メダリストの宮部行範さんが48歳で亡くなった。その早過ぎる死に、来年の平昌五輪での2大会ぶりのメダル獲得で復権を目指す日本スケート連盟関係者も驚きを隠せなかった。

 アルベールビル五輪で兄保範さん(50)と「兄弟入賞」した宮部さんは、その後の94~95年シーズンにワールドカップ(W杯)男子1000メートルで総合優勝。日本男子ではW杯史上初の種目別総合優勝を果たした。一方で、自国開催の98年長野五輪では代表から落選する苦難も味わった。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文525文字)

あわせて読みたい

ニュース特集