メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森昌文氏

インフラ老朽化対策を国民全体の運動に

 戦後の復興から高度成長期にかけてつくられてきたインフラ施設の老朽化対策が大きな課題になっている。これに国全体で取り組もうと、昨年秋、インフラメンテナンス国民会議が発足した。その目的や運営のあり方などについて国土交通省の森昌文技監に聞いた。(児玉 平生)

 --社会的インフラ施設の老朽化問題が注目されています。

 社会資本の老朽化対策については、これまでも警鐘を鳴らされていたところには個別に対応していました。ところが、中央自動車道の笹子トンネルで事故が起き、それを機に、行政の仕組みとして、ルール化して老朽化対策に取り組んでいこうということになりました。例えば、いろんな施設をばらばらにチェックするのではなく、ルール化して、5年ごとに点検をしていくとか、点検したデータをデータベースに集めるといったことを一斉に…

この記事は有料記事です。

残り2397文字(全文2770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです