メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島県長島町役場に描かれた壁画。「長島大陸」の物語が描かれている

 小さな自治体を人材面からサポートする政府の地方創生人材支援制度が2017年度で3年目を迎える。意欲と能力を併せ持つ国家公務員や大学研究者、民間人材を送り込み地方行政に新風を起こしてもらうことが狙いだ。現在、非常勤も含め121市町村に派遣されており、初めて本格的な人材の更新期を迎える。鹿児島県長島町の井上貴至副町長(31歳、総務省)、北海道天塩町の齊藤啓輔副町長(35歳、外務省)、秋田県湯沢市の藤井延之副市長(35、総務省)の代表的な3人から、仕事ぶりと課題などを報告してもらった。

この記事は有料記事です。

残り5601文字(全文5844文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです