メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年を語る

復興住宅建設を加速 半島部の振興に新事業部 石巻市・亀山紘市長(74) /宮城

石巻市・亀山紘市長

 東日本大震災の津波で中心部から半島部まで広範囲に被災した石巻市。いまだ仮設住宅への入居を強いられている被災者も多い。災害公営住宅(復興住宅)の整備の現状や、復興が中心部より遅い半島部の今後について亀山紘市長に聞いた。【聞き手・百武信幸】

 --仮設住宅の入居が長期化しています。この現状をどう受け止めますか。

 ◆石巻は仮設住宅を7297戸整備し、今も約3割が不自由な生活を強いられている。とにかく住まいの再建…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 「サイレイヤ、サイリョウ!」2年ぶり鞍馬の火祭 夜空焦がす炎 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです