メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

コウノトリ郷公園、昨年12月以来の展示 対応レベル2に 対策会議 /兵庫

対応レベルを3から2に下げた高病原性鳥インフルエンザ対策会議=兵庫県豊岡市祥雲寺の県立コウノトリの郷公園で、柴崎達矢撮影

 県立コウノトリの郷公園で9日、第3回の高病原性鳥インフルエンザ対策会議が開かれ、郷公園で定めている対策マニュアルの対応レベルを、10日午前0時から3から2に下げることを決めた。これを受け10日、郷公園の公開ケージに個体が移され、昨年12月以来73日ぶりの展示となる。【柴崎達矢】

 郷公園では、京都市で死んだコブハクチョウから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、昨年12月に対応レベルを3に引き上げた。これに伴い、園内の公開ケージや養父・朝来市の放鳥拠点で飼育していた個体を非公開の飼育エリアに移した。

 伊丹市でインフルエンザのコブハクチョウを最後に回収した1月23日から45日が経過し、環境省が設定し…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです