熊本地震

ボランティアグループ報告会 取り組み、課題を語り合う /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「支援者が情報を共有できる場が必要」などと訴える松岡代表(奥右)
「支援者が情報を共有できる場が必要」などと訴える松岡代表(奥右)

 県内のボランティアグループなどによる熊本地震災害支援活動報告会が9日、熊本市中央区新屋敷であった。NPO法人九州環境サポートセンターの主催で、約20人が地震直後からの取り組みや課題、支援の引き際などについて語り合った。

 食育を目的に2013年に発足した「こどもの給食を考える会くまもと」は地震直後か…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

あわせて読みたい

注目の特集