メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017欧州の岐路

英離脱交渉 EU、分担金を巡り対立 市民の権利保障優先

欧州連合(EU)が優先する交渉項目

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)が英国との離脱交渉を巡り、在英のEU各国出身者の権利保障と、英国が離脱決定前に約束したEU予算の分担金請求の2点を優先すべき交渉事項と位置付ける方針であることがわかった。EU外交筋が取材に明らかにした。英側は分担金支払いを拒否する構えで、交渉が序盤から紛糾する懸念が強まっている。

 交渉は英国が月内に予定している正式な離脱通告を受けて始まり、期限は原則2年と定められている。EU外…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文874文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです