メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊

届け出だけで年180泊 住宅街でもOKに

新法での民泊の仕組み

 政府は10日、マンションなどの空き室に旅行者を有料で泊める「民泊」を本格解禁する住宅宿泊事業法案(民泊法案)を閣議決定した。届け出だけで年180泊を上限に住宅街でも民泊営業ができるようになる一方、自治体が条例で特定の区域での営業日数を引き下げることも認める。これまで無許可営業が多かった民泊を一定ルール下で合法化することで、観光立国に向けた普及を図る。年内の施行を目指す。

 民泊は仲介サイトの登場で都市部を中心に急拡大し、外国人旅行者の受け皿になっているが、旅館業法の許可取得の要件が厳しく、多くは無許可で営業している。国家戦略特区制度を活用した民泊も、羽田空港がある東京都大田区と大阪府だけにとどまる。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. インド南部で旅客機着陸失敗、17人死亡 滑走路で停止できず斜面落下

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです