メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

4発、等間隔で落下 技術力向上

 政府は9日、北朝鮮が6日に発射した弾道ミサイル4発は射程約1000キロの「スカッドER」で、うち1発が能登半島の北約200キロの日本海に落下したとの推定を明らかにした。これまでで最も日本本土に近い海域への落下だった可能性がある。政府関係者によると、4発は南北に80キロ程度の等間隔で落下しており、政府は北朝鮮の技術が向上しているとみて警戒を強めている。

 稲田朋美防衛相は9日の衆院安全保障委員会で、4発は「能登半島から北に200~450キロの日本海に落…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文640文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. WEB CARTOP 家族ならミニバンを選んどきゃ……は間違い! ミニバンを選んで後悔するパターン5つ
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 漫画で解説 日本の銃事情の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです