メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家事代行外国人

特区第1陣、フィリピンから25人来日

第1陣として来日したフィリピン人女性=成田空港で2017年3月9日、中村かさね撮影

 東京都や神奈川県で解禁された外国人労働者による家事代行サービスで9日、第1陣のフィリピン人女性25人が成田空港に到着した。2週間の研修を経て3月下旬から神奈川県で働き始める。

 「この仕事が大好きでパッションもある。日本はキレイで安心で生活も楽しみです」。カテリン・カラスコさん(42)は照れ笑いを浮かべながら、日本語で話した。来日したのは人材派遣大手パソナが雇用する女性たちで全員がスーツ姿。フィリピンで2カ月半、日本家屋を再現した施設で日本語やみそ汁の作り方の研修を受けてきた。

 外国人の家事代行サービスは、女性の家事負担を減らし女性活躍を推進するため、2015年の改正国家戦略…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文671文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです