メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

硝子体

世界初の人工組織開発 網膜手術後、患者が楽に

 東京大と筑波大の研究チームは、眼球の中を満たす「硝子体」に代わる人工組織を世界で初めて開発したと発表した。これを使えば、網膜の手術後1週間程度は下を向いて過ごさなければいけない不便を解消できるという。ウサギで有効性を確かめており、2、3年後には人で治験を始めたいとしている。

 東京大の酒井崇匡(たかまさ)准教授(高分子科学)らが9日付の英科学誌「ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリング」(電子版)に発表した。

 硝子体は眼球内の大部分を占めるゼリー状の組織。国内で年間約10万人が受けていると推計される網膜の手…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  4. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  5. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです