フェイクニュース

大切な「一度立ち止まって考える」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える坂本旬・法政大キャリアデザイン学部教授=東京都千代田区で2017年2月23日、増田博樹撮影
インタビューに答える坂本旬・法政大キャリアデザイン学部教授=東京都千代田区で2017年2月23日、増田博樹撮影

 米大統領選ではインターネット上のフェイク(偽)ニュースが大きな問題になった。誤った情報がなぜ、どのように広がったのか。大統領選後、米国で情報に携わる人々に変化は。そして日本が学ぶことは。情報の真偽を見抜く「情報リテラシー」や、メディアの表現意図を読み解く「メディアリテラシー」教育に詳しい法政大キャリアデザイン学部の坂本旬教授に聞いた。【増田博樹/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り2765文字(全文2951文字)

あわせて読みたい

注目の特集