メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

福島の映画、夫の遺志継ぐ 鵜戸玲子さん

ベルギー人の夫、ジル・ローランさんの思い出を語る鵜戸玲子さん=明珍美紀撮影

 東京電力福島第1原発事故で被害に遭いながらもたくましく生きる家族の日常をとらえた映画「残されし大地」の上映が11日、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで始まった。

 ベルギー人のサウンドエンジニア、ジル・ローランさんの初監督作品。この映画の編集のため、母国に一時帰国していたローランさんは昨年3月、ブリュッセルで発生したテロ事…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです