メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

「自分の心も行方不明」 愛する次男まだ帰らず 二戸の女性、募る「なぜ」 /岩手

震災で行方不明になっている舘山勝也さん。写真を見ながらも、母貴子さんの気持ちは整理がつかないままだ=二戸市の自宅で

 2011年3月の東日本大震災の津波にのまれるなどして、被害が大きかった三陸沿岸を中心に2553人(今月10日現在)が今も行方が分かっていない。残された家族の中には、あいまいな喪失感を抱える人がいる。気持ちがはっきりしないまま、解決することも決着を見ることもできないという。11日で震災から6年。次男を失った二戸市の舘山貴子さん(55)は、心の整理がつかないまま生きてきた。【藤井朋子】

 あの日の午後2時46分、次男の勝也さん(当時23歳)は仕事で大槌町の事務所2階に関連会社の社員とい…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1237文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです