メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年を語る

復興は20年度以降も 被災者ケア、沿岸部人口減、課題 宮城県・村井嘉浩知事(56) /宮城

村井嘉浩知事

 東日本大震災から11日で6年。被災地では次々と新しいまちが完成し、災害公営住宅(復興住宅)や自宅再建が急ピッチで進んでいる。政府や県の定める復興期間となっている2020年度末まで残り4年間。復興の現状と課題、今後の見通しを村井嘉浩知事に聞いた。【聞き手・川口裕之】

 --県内の復興の進捗(しんちょく)状況をどう見ていますか。課題は。

 ◆インフラは極めて順調だ。鉄道、道路、港湾、漁港も空港もすべて予定通りに進んでいる。ただ、復興住宅…

この記事は有料記事です。

残り1614文字(全文1831文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
  3. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです