メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年

自主避難者、尽きぬ不安 福島県、無償住宅打ち切り 秋田県、家賃補助も不透明 /秋田

 東京電力福島第1原発事故で自主避難した福島県民を対象にした、同県の住宅無償提供が今月末に打ち切りになる。所得などに応じて家賃補助は行われるが、秋田県内への自主避難者からは「生活が苦しくなる」という声が上がっており、県内避難者への細やかな支援が求められている。【山本康介】

 県が毎月調査している「避難者受入状況」によると、県内への避難者は、1日現在で285世帯705人。昨年同期比で130人減った。内訳は、宮城県80世帯161人▽岩手県10世帯18人▽福島県195世帯526人。このうち公営住宅や民間借り上げ住宅(みなし仮設)に身を寄せている自主避難は71世帯207人だった。

 受け入れ先となっている県は、自主避難者の県内定住を促進するため、県内への引っ越し費用として、1世帯…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1219文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  4. 韓国、女性9人連続殺人の容疑者浮上 約30年前「史上最悪」の未解決事件

  5. 最終的に「消費税廃止」で両党合意 れいわ山本代表と共産・志位委員長の会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです