メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

フィギュア選手包む彩り 衣装デザイナー・伊藤聡美(28)

本田真凜選手の衣装(右)などを手がけた=東京都葛飾区で

 氷上で華やかに繰り広げられるスポーツ、フィギュアスケート。人気の高まりと共に、音楽やバレエを取り入れたレッスンなど付随するさまざまな要素への関心が増している。なかでも注目を集めるのが衣装だ。

 アストル・ピアソラの重厚なタンゴ曲に合わせて宇野昌磨選手が滑る。身を包むのは、黒地に赤の模様がアクセントになったコスチューム。トップ選手の衣装を次々と手がけ、宇野選手のものも今季から制作している。

 そもそもは、一般的な服飾のデザイナーを目指していた。

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  3. 「絞首刑は痛いみたいだから、それは嫌だな」 9人殺害・白石被告一問一答(その4)

  4. 米大統領選のテレビ討論会始まる トランプ氏とバイデン氏、初の直接対決

  5. 「男性については唯一明確な殺意があった」 9人殺害・白石被告一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです