メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆資料館

原爆投下、細密な航空写真 デジタル化し公開

米軍が被爆前に撮影した航空写真。軍事施設や軍需工場、橋などに番号が付されている=原爆資料館提供

 原爆資料館(広島市中区)が所蔵する原爆投下前後の航空写真を、広島市立大の教授らが高解像度のデータとしてデジタル化し、同館のウェブサイトで公開した。同館の小山亮学芸員は「拡大すれば家屋や橋を詳細に見ることができる。調査や研究にも役立ててほしい」と話している。

 写真データは、米軍が撮影した広島市中心部の爆心地周辺の9枚。米…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです