小池都知事

公明と「都民ファースト」 都議選で相互推薦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 7月2日投開票の東京都議選(定数127)で、公明党と小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」は、それぞれの候補者を相互に推薦する選挙協力を行う。13日にも発表する。

 公明は既に23人の候補者を公認し、都民ファーストは全42選挙区に候補者を擁立する方針を固めている。無党派層に支持を広げたい公明と、組織の支援を得たい都民ファーストの思惑が一致したとみられる。

 公明は選挙協力で1人区と2人区のうち、公認候補がいる荒川区選挙区(定数2)を除く全選挙区で都民ファーストの候補者を推薦する。一方、都民ファーストは公明の全候補者を推薦する方向で調整している。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文486文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集