メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

麻生氏「月内判断を」…米子会社破産法検討

 麻生太郎金融担当相は10日の閣議後記者会見で、東芝が米原発子会社ウェスチングハウス(WH)への米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)適用を検討していることについて、「破産法11条が決まらないと損失が確定しない。今月いっぱいに決定しないといけない」との考えを示した。閣僚が個別企業の破綻処理に踏み込んで発言するのは異例で、東芝の判断にも影響を与えそうだ。

 東芝の経営再建を巡っては、WHに破産法を適用し、米原発事業からの将来の損失リスクを東芝本体から遮断…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです