メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米雇用統計

2月就業者予想上回る 月内追加利上げ確実に

 【ワシントン清水憲司】米労働省が10日発表した2月の雇用統計(速報値)によると、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は、季節調整済みで前月比23万5000人増(前月は23万8000人増)となった。雇用改善の力強さが確認されたことで、米連邦準備制度理事会(FRB)による月内の追加利上げがほぼ確実な情勢となった。失業率は4.7%と前月比0.1ポイント低下した。

 就業者増は事前の市場予想(19万人増)を上回った。失業率は予想通りの結果だった。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです