メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

君たちの時代に

先輩からの手紙/203 元マラソン五輪代表・尾方剛さん/上

[PR]

努力どりょくがそのまま結果けっかるような個人こじんのスポーツがいている

 尾方剛おがたつよしさん(43)は2008年中国ねんちゅうごく北京ペキンオリンピック(五輪ごりん男子だんしマラソンに日本代表にっぽんだいひょうとして出場しゅつじょうし13でゴールしました。どものころからトップ選手せんしゅとしてのみちあゆんだのではありません。何度なんど何度なんども、かべちはだかりました。「まえに、らくみちけわしいみちがあれば、けわしいみちえらびます。けわしさをえたさきには、自分じぶんもとめるものがっているからです」。身長しんちょう165センチメートル体重たいじゅう50キログラムの小柄こがらからだから、エネルギーあふれる言葉ことばしました。【西村隆にしむらたかし

ゆめはしれる野球選手やきゅうせんしゅ

 出身しゅっしん広島県熊野町ひろしまけんくまのちょうは、大都市広島だいとしひろしまくるまで30ぷん場所ばしょにありながら、やまかわがある自然豊しぜんゆたかなまちです。尾方おがたさんは小学生しょうがくせいのころ、いねやま基地きちつくったり、かわでザリガニをったりしてあそんでいました。きなスポーツは野球やきゅう。あこがれの選手せんしゅも、投手とうしゅや4ばんバッターではなく、走攻守そうこうしゅのバランスのとれた選手せんしゅでした。

 小学しょうがくねんで、地元じもとのスポーツ少年団しょうねんだんのソフトボールチームにはいります。みぎでもひだりでもてるスイッチヒッターの練習れんしゅうをしました。左打席ひだりだせきてば、俊足しゅんそくかしてるいられるからです。得意とくいなのははしることでした。

生涯しょうがいのライバル

 地元じもと中学入学後ちゅうがくにゅうがくご野球やきゅうつづけるか陸上りくじょうすすむかでまよいました。

 「野球やきゅうのようなチームスポーツだとレギュラーにならなければならない。成績せいせきもチームとしての評価ひょうかです。校内こうないマラソンで優勝ゆうしょうして、個人こじんとして賞状しょうじょうやメダルをもらったことがうれしかった。自分じぶん努力どりょくがそのまま結果けっかるような個人こじんのスポーツがいているとおもいました。えらんだのは陸上部りくじょうぶです」

 最初さいしょは、土曜午後どようごご練習れんしゅうをサボるような部員ぶいんでした。練習れんしゅうをしないと試合しあいてないことがかります。ぎゃく練習れんしゅうをするとてるようになりました。ライバルは、チームない選手せんしゅから、大会たいかいきそ他校たこう選手せんしゅになりました。広島県ひろしまけん陸上りくじょう名門高校めいもんこうこうから勧誘かんゆうこえがかかります。しかし、えらんだのは地元じもと熊野高校くまのこうこうでした。

 陸上りくじょう名門高校めいもんこうこうは、根性優先こんじょうゆうせんで、頭髪とうはつ丸刈まるがりでした。先輩せんぱいが『尾方おがたにはいていない』とアドバイスをくれました。一方いっぽう熊野高校くまのこうこう全国高校駅伝競走大会ぜんこくこうこうえきでんきょうそうたいかいにはほどとお学校がっこうでした。

 「偶然ぐうぜんにも、熊野中学くまのちゅうがく陸上部りくじょうぶ監督かんとくが、高校こうこう先生せんせいとして異動いどうし、陸上部りくじょうぶ監督かんとくつとめることになりました。監督かんとく練習れんしゅう腹八分目はらはちぶんめ。あとは自分じぶんで、というおしかたでした。いやになるまではしるというのはありません。人間性にんげんせいきたえることにおもきをいていました。自発的じはつてき行動こうどうすることは、社会人しゃかいじんになってからやくちました」

 12がつ京都きょうとまちける全国高校駅伝ぜんこくこうこうえきでんは、全国ぜんこく高校陸上選手こうこうりくじょうせんしゅのあこがれです。熊野高校くまのこうこう尾方選手おがたせんしゅ活躍かつやくで2、3年生ねんせいと2年連続ねんれんぞく出場しゅつじょうします。

 全国ぜんこくのエースがあつまるはなの110キロメートルをまかされました。同学年どうがくねんに、千葉県ちばけん市立船橋高校しりつふなばしこうこう天才てんさいランナー、渡辺康幸選手わたなべやすゆきせんしゅがいました。3年生ねんせい大会たいかいで、渡辺選手わたなべせんしゅとともにはなの1のスタートラインにならびます。

 国体こくたいの1まんメートルであと一歩いっぽけていました。雪辱せつじょくえていましたが、2週間前しゅうかんまえ故障こしょうをしていたので、はありませんでした。区間優勝くかんゆうしょうどころか他校たこうのエースにもいていかれます。

 「高校時代こうこうじだいは(渡辺わたなべ康幸やすゆき一度いちどてなかった。康幸やすゆきからみれば自分じぶんはライバルじゃないかもしれない。でもこちらからはライバルとしてていた。ちたい一心いっしん大学だいがくえらびました」

 渡辺選手わたなべせんしゅは、箱根駅伝はこねえきでん名門早稲田大学めいもんわせだだいがく進学しんがく尾方おがたさんも、箱根駅伝はこねえきでん参加権さんかけん山梨学院大やまなしがくいんだいえらびます。そして山梨学院大やまなしがくいんだい天国てんごく地獄じごく経験けいけんします。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです