メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外即位祝賀パレードの延期検討 政府、台風配慮
震災6年ちば

悲しみ癒やされない /千葉

県と旭市の合同追悼式で献花の後、遺族に向かって一礼する参列者

 東日本大震災から6年となる11日、各地で多くの人が犠牲者を悼んだ。県内でも死者22人(関連先含む)、行方不明者2人、負傷者256人、全半壊約1万1000棟など大きな被害をもたらした。目にする町並みから震災の爪痕は薄れつつある一方、この日を迎えた参加者らの胸には、さまざまな思いが去来した。【渡辺暢、近藤卓資】

この記事は有料記事です。

残り2032文字(全文2187文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです