メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
時代の風

知性の未来=総合研究大学院大教授・長谷川眞理子

=丸山博撮影

AI本当に必要か

 先日、ノーベル賞ダイアローグという催しに参加した。日本学術振興会が中心となって開催されたもので、各分野における過去のノーベル賞受賞者5人を含む多くの学者を招待し、丸一日、さまざまな講演や対話が行われた。今回のテーマは「知の未来」である。

 人工知能(AI)の近年の発展には目を見張るものがある。「深層学習」という方法が開発されてから、AIはパターンの検出や物体の識別、事態への対応に関して飛躍的に進歩した。ビッグデータの処理はお手のもの。ある程度の顧客対応や会話すらできる。さて、AIはこの先どのようなものになるのだろう?

 人工知能が大量の学習を蓄積し、それに基づく大容量の計算を行うことができるようになると、やがてそれは…

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1753文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです