メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蛭子さんの自由が一番

太川さんのこと=蛭子能収

 <くらしナビ ライフスタイル>

     「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)が始まったのは10年前です。太川陽介さんと私とゲストの女優さん、3人で路線バスだけを使って旅をするという番組。実は太川さんのことを全然知らなくて「まずいなー」と思っていたんですが、初めて会ったときに言いました。「すみません。うちはテレビを壊してて10年くらいテレビを全然見てなくて太川さんのことを知らないんですよ」。太川さんは笑って「あっそうですか。テレビを壊してたんですね。それはどうも改めて太川です。よろしくお願いします」。

     太川さんは旅番組によく出演していて、こういうときには、こう対応するといった旅番組のノウハウを完璧なまでに知っているような感じを受けました。

     食事のシーンになると、この地方では例えばウナギが名産品の場合、うな重を注文します。しかも、それを、すごくおいしそうに食べるんですよ。実際に、おいしいとは思いますけどね。一方、私はと言えばウナギが苦手なのでカツ丼を注文します。普段、私が東京にいるときによく食べているような物を注文するんですよ。

     要するに太川さんは番組の人が何を求めているのかを考えて注文し、私は私の好きな物を注文するわけです。私だって番組のディレクターから「蛭子さん、ここはウナギの産地なので、ウナギを注文してください」と言われたら、ウナギを注文しますよ。しかし、カメラは回っているとしてもディレクターから何の指示もない限り、私は私の食べたい物を注文していいのでは、と思っています。

     旅番組を数多く経験していた太川さんは「なんてわがままな人なんだ」と思ったかもしれませんね。

     しかし太川さんと私、似ている部分もあるんですよ。絶対に昼ごはんをやり過ごさないってことです。番組の性質上、バスの時間通りに動かねばなりませんが、昼ごはんは絶対抜きにしないってことです。

     もし違うリーダーがいて、それが無頓着な人だったら正午になっても、午後1時過ぎてもバスの時間優先で3時になっても昼ごはんを食べないとなれば、やる気もうせます。昼ごはんは午前の眠さを吹き飛ばし、やる気を起こす源なんですよ。何人かで仕事をしているとき、「よーし、昼飯だ」って決定すると、皆、ホッとして午後からの仕事にもやる気が起きます。太川さんが「昼ごはん食べなきゃ」と言ったら「食べましょう」と大きな声で返します。太川さんの優しいところは私やマドンナだけに向けられるのではなくカメラマン、音声さんと何人か一緒に乗っているスタッフにも向けられます。「ハイこれ食って」と買ってきた饅頭(まんじゅう)を口の中に入れてあげたりもするんですよ。

     逆に「キッ」と怒った太川さんも見たことがあります。自分が理不尽なことをされた場合、見過ごすことなく相手をにらみつけます。ケンカになったらどうする? どきどきします。(えびす・よしかず、漫画家、イラストも)=「蛭子さんの自由が一番」は今回が最終回です。5月からは「サンデー毎日」で「蛭子能収のニンゲン画報」が始まります。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです