メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『すばらしい新世界』=オルダス・ハクスリー著

 (ハヤカワepi文庫・864円)

この未来社会も結構いいのでは?

 古典的SFの新訳である。ジョージ・オーウェルの『一九八四年』と並べられるディストピアものの代表。

 名作だから読んだ方がいいという一般論を超えて、読むべき理由が最近になっていよいよ増しているような、ある意味で恐ろしい本だ。

 時代設定は二五四〇年。この時代の社会の記述だけでもうこの小説はほとんど出来上がっている。そこに攪乱(かくらん)の因子が迷い込んで一騒ぎがあるが、たぶんその影響は速やかに消えるのだろう。

 この時代、人は母親からではなく瓶の中で培養されて生まれる。一九三二年に書かれたこの話の中でクローン…

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  2. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  3. いじめ訴える女児に適切な対応せず、自殺未遂 山口・下関の市立小

  4. 悼む 大相撲の井筒親方、元関脇・逆鉾 井筒好昭さん=9月16日死去・58歳

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです