メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

飲食店経営の酒豪プロレスラーが「本気で店に置きたい日本酒」は? 一升約2000円の日本酒レビュー10本ノック!(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

GetNavi web×新日本プロレス コラボ連載

プロレスラー・矢野通選手が10本のなかから「店に置きたい日本酒」を選ぶ!

今回の新日本プロレスとのコラボ連載は、東京・水道橋でスポーツバー「EBRIETAS」を営む矢野通選手にインタビューを行う企画の第2弾。前回はお酒にまつわるエピソードをうかがいましたが、今回は編集部が厳選した10本の日本酒を矢野選手に飲み比べていただき、「自分のお店に置きたい日本酒」を決定してもらいます。当初は豪快に日本酒を飲み干しつつ、真摯な姿勢でレビューをしていた矢野選手でしたが、次第に変化が……。

 

PROFILE

20170226-s2-6

矢野 通(やの・とおる) 矢野選手のTwitterはコチラ

東京都荒川区出身。新日本プロレス所属。第51代、第59代IWGPヘビー級タッグ王者。新日本プロレスを代表する曲者として知られ、「Y・T・R」「崇高なる大泥棒」「酒飲み日本代表」などのニックネームを持つ。身長186cm、体重115kgの体格を生かした得意技は鬼殺し、裏霞、赤霧、黒霧島、大吟醸など酒に由来するものが多い。お約束のポーズは、自らの頭を両手親指で指す「Y・T・Rポーズ」、両手のひらを見せて肩をすくめる「デニーロポーズ」など。反則技を繰り返すヒールスタイルだが、そのキャラクターが熱狂的なファンに支持されている。自らスポーツバー「EBRIETAS」を経営するなど実業家としても手腕を振るう。

 

【今回訪れたお店】

20170226-s2-(12)

EBRIETAS

矢野さんが経営する東京・水道橋のスポーツバー。大型スクリーンが設置され、プロレスをはじめとするスポーツを楽しむにはもってこい。提供する料理は、生ハムとサラミの盛り合わせ(1000円)、おでん盛り合わせ(650円)、肉の塊・牛肉(500g 3200円)など。握手や写真撮影など、矢野選手と交流できるのも魅力です。

住所:東京都千代田区三崎町2-11-12 アイロン三崎町ビル2F

営業時間:19:00 ~ midnight 不定休

 

店に置くなら保存がラクなものがいい

20170312-s3 (10)

――ご自身でお店を始めたことでお酒へのこだわりは強くなりましたか?

 

矢野 興味を持つようにはなりましたね。特に日本酒はもっと勉強して資格も取りたいなと思っていて。地方に行ったときには地酒を飲んで、うまいなと思ったらまとめて買ってくることもあります。

 

――好きな銘柄はありますか?

 

矢野 「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」という秋田の酒を後輩からもらって知ったんですけど、それがすごくうまくて。フルーティというか、女性が好きそうな酒ですね。あと、東京23区内唯一の酒蔵で作ってる丸真正宗ってところの吟醸辛口もすごくうまいから、店に常備しています。日本酒は常に5~6種類は置いてあります。ただ、日本酒ってモノによっては、開けたら2週間くらいで飲みきらないといけないものがあるじゃないですか。僕の店は新日本プロレスの地方巡業が始まるとお休みしているんです。だから、もし店に置くなら期限とかそこまで気にしなくても問題ない酒がいいですね。

 

――なるほど。では、常温で保存できるようなお酒がいいですね。あとは、安く提供できて利益も確保できるコスパの高いお酒がいいのではないでしょうか。そこで今回、地酒のなかでは2000~2500円程度(1升換算)とリーズナブルなお酒を10本、選んでみました。矢野選手に飲み比べていただいて、お店に置きたいお酒、ベスト3を選んでいただこうと思います。

 

矢野 それは楽しみですね。

 

京都「守破離」は飲んだことのない味で本当にうまい!

20170312-s3 (4)

――まずは京都のお酒、「澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 五百万石」(720mℓ1182円、1.8ℓ 2365 円)から飲んでいきましょう。

 

矢野 じゃあいただきます! うん、これはなかなかパンチがあって、めちゃめちゃおいしい! 何というか「日本酒感」がありますよね。生のようなお米らしさが出ているというか。ふわっと香りを発散してるというか。

 

――口の中で、ぷちぷちするような感触がありませんか?

 

矢野 本当だ。これ、炭酸が入ってますよね? 少しシュワっとしていて、いままでにない口当たりですね。でも味は日本酒っぽいです。

20170312-s3 (7)

――こちらは「火入れ」(加熱殺菌)の工程に、瓶ごとお湯につけて加熱する「瓶燗火入れ」を採用しています。手間はかかりますが、風味の損失が抑えられるのが特徴ですね。そのため、火入れでも生酒のような爽やかな香味と炭酸ガスのぷちぷち感が楽しめるそうです。

 

矢野 日本酒っぽさはあるんですが、飲んだことのない味ですね。これは本当にうまい!

 

静岡「喜久醉」は飲みやすくて女性も好みそう

20170312-s3 (3)

――次は静岡の「喜久醉(きくよい) 特別本醸造」(720mℓ1080円、1.8ℓ2160 円)です。

 

矢野 先ほどの「守破離」とはまったく違いますね。もっと強い香りがする。最初、口に含んだときは水みたいなんですけど、ノドを通るときには日本酒らしい味わいを感じます。

 

――余韻が長いタイプなんですね。こちら、実はグルメ漫画「美味しんぼ」に登場したり、グルメ雑誌「dancyu」で日本酒の「新スタンダード」部門の第1位に選ばれたりと、評価が高いお酒なんです。

20170312-s3 (8)

矢野 なるほど。確かにこれは飲みやすいですね。女性にもいいんじゃないですか。もうちょっと飲んでいいですか?

 

――どうぞどうぞ。でも、まだ始まったばかりですが、そんなになみなみと注いで大丈夫ですか?

 

矢野 ほんとですね。まあ、大丈夫です(笑)。

 

大分「ちえびじん」はフレッシュ感がすごい!

20170312-s3 (1)

――次は大分の「ちえびじん 純米生 ひとめぼれ」(720mℓ1296円、1.8ℓ 2268円)です。水にこだわる酒蔵の生酒ですね。

 

矢野 生酒っていうのは、さっき言ってた「火入れ」をやってない酒ってことですよね。

 

――そうです。フレッシュな味が楽しめるのですが、そのぶん鮮度を失いやすく、保存が難しいんです。

 

矢野 うちの店だと難しいやつですね。うん、たしかに「生」っていう味がする。普通のお酒が市販のビールとしたら、こっちはもっと地ビールっぽいというか。乳酸菌なのか、酵母なのか、そんな自然の味を感じます。

 

――独特の風味がありますよね。

20170312-s3 (9)

矢野 フレッシュ感がすごい。すぐ味が変わってしまいそうで、扱いが難しそうな味がします。クセが強いと感じる人がいるかも。うまいんですけどね。これは甘口なんですか?

 

――はい、甘口です。

 

矢野 よくお客さんに「辛口ください」って言われて、どれが辛口か、わからないことがあって困るんですよね(笑)。

 

――辛口、甘口っていうのは糖度の強さでおおよそ決まるものなんですが、それだけではないんです。たとえば、低温保存したじゃがいもとリンゴは糖度がほぼ同じ。でも香りがあるぶん、リンゴは甘く感じます。それと同じで、数値を見ただけでは甘口、辛口といえない部分もあるんです。ちなみに、最初に飲んだ「守破離」はやや辛口ですね。

 

矢野 なるほど。たぶん僕のなかでは「ふわっとくる感覚」が辛口という気がします。そして、この「ちえびじん」は舌に残る感じがあるんですけど、これが甘口なのかもしれないですね。

 

――実は近年、「甘口」「辛口」という概念そのものが見直されていて、お酒を知っている人ほど、この言葉を使わなくなってきています。あくまで全体のバランスを見て、好きか、嫌いかを判断すればいいという風潮ですね。

 

「喜正」と「群馬泉」は昔ながらの味でおっさんが好きそう

20170312-s3 (5)

――さて、次は「喜正(きしょう)純米酒」(720mℓ1188円、1.8ℓ 2376円)に行ってみましょう。こちらは、東京のあきる野市で作っているお酒です。

 

矢野 あきる野市といえばサマーランドのあたりですね。昔、あの辺りの川でキャンプしたことがあります。暑いから足を半分川につけて寝たんです。朝起きてみたら目の前にデカデカと「キャンプ禁止」って書いてあって(笑)。もし荒天とかで増水してたら危なかったですね。いや、ぜんぜん関係ないですね(笑)。

20170312-s3 (11)

――あの、お味のほうは……?

 

矢野 これはグッと飲むとワっと来る味。酒っぽさがありますね。昔からある酒の味というか。わかりやすく言えば、屋台でおっさんが飲んでいる感じの酒というか(笑)。ぬる燗にしたらうまそうですね。

20170312-s3 (2)

――その通りです! 機会があればぜひ試してもらいたかったんですが、時間の都合もあるので……。では、次に「群馬泉 山廃本醸造」(720mℓ980円、1.8ℓ 1960円)に行ってみましょう。

 

矢野 これもさっきの「喜正」と似てますね。おっさんが好きそうな味。屋台のおでんに合うというか。味がおいしいのは喜正だけど、安心するのはこっちという気がします。これぞ「ザ・日本酒」って感じですよね。最初に飲んだ「守破離」と比べるとまったく違う飲み物です。

20170312-s3 (12)

――たしかに。「守破離」が軽快でキレのいいモダンな味なのに対し、こちらは味が濃いです。

 

矢野 好みが分かれそうな味ですよね。悪い意味じゃないですよ。本物っぽいというか。寿司を食べに行くと出てくるようなうまい酒でした。

 

……さて、5本をレビューしてもらったところで、今回はここまで。それにしても矢野選手、さすがはお酒好きなだけあって、しっかりと味の特徴を捉えたコメントばかりでした。気になるのは、杯が重なるにつれてだんだんと笑いが増え、話が脱線することも増えてきたような……。というわけで、次回は残り5本のレビューをお届けするとともに、楽しくなってきた矢野選手の様子をお伝えします。ご期待ください!

20170312-s3 (13)

【試合情報】

戦国炎舞-KIZNA- Presents SAKURA GENESIS 2017

日時:4月9日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:東京・両国国技館
※最新情報は新日本プロレス オフィシャルサイト

 

撮影/石上 彰

 

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首脳ゴルフは「真剣な仕事、欠席お許しを」 T20会合で政府大使
  2. 北海道・佐呂間で39度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  5. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです