メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウイルスで伐採 梅まつりで植樹イベント 東京・青梅

梅の植樹イベントには多くの家族連れが参加した=東京都青梅市の梅の公園で2017年3月11日、熊谷泰撮影

 ウイルス感染で梅の伐採を余儀なくされた東京都青梅市の「梅の公園」で11日、植樹イベントが開かれた。3年ぶりに開催中の「吉野梅郷梅まつり」の一環で、市内外から多くの親子連れらが参加し、約160本を植樹。世代を超えて成長を見守っていく。

 同市は2009年、梅などに感染するウイルスを国内で初めて確認。拡大防止のため同公園を含む市内全域で約3万6000本を伐採した。同公園は年間10万人以上の観梅客でにぎわっていたが、伐採で大幅…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです