ウイルスで伐採 梅まつりで植樹イベント 東京・青梅

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
梅の植樹イベントには多くの家族連れが参加した=東京都青梅市の梅の公園で2017年3月11日、熊谷泰撮影
梅の植樹イベントには多くの家族連れが参加した=東京都青梅市の梅の公園で2017年3月11日、熊谷泰撮影

 ウイルス感染で梅の伐採を余儀なくされた東京都青梅市の「梅の公園」で11日、植樹イベントが開かれた。3年ぶりに開催中の「吉野梅郷梅まつり」の一環で、市内外から多くの親子連れらが参加し、約160本を植樹。世代を超えて成長を見守っていく。

 同市は2009年、梅などに感染するウイルスを国内で初めて確認。拡大防止のため同公園を含む市内全域で約3万6000本を伐採した。同公園は年間10万人以上の観梅客でにぎわっていたが、伐採で大幅…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

あわせて読みたい

注目の特集