メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はんこ

福岡に品ぞろえ「日本一」の店 名字99%網羅

父親の代から続く店で、10万種の異なる名字の印鑑をそろえる秀島徹さん=2017年3月3日午後3時42分、青木絵美撮影

在庫問い合わせ全国から 「さいとう」姓で50種超

 筥崎宮にほど近い福岡市東区箱崎1に、約10万本の認め印を取りそろえたはんこ専門店「はんのひでしま」がある。「日本一の品ぞろえ」というだけあって、北海道や沖縄からも在庫の問い合わせが来るほどだ。【青木絵美】

「残り1%」探求心尽きず

 創業85年。店の近くには福岡市への編入以前、旧箱崎町の役場があった。その来庁者向けに「公的手続き時に便利なはず」と現店主の秀島徹さん(69)の父が興したのがはじまりだ。

 秀島さんが継いだのは高度成長期を迎えた1970年代。「契約や手続きの書類に印がないことに気づいた保険屋や自動車屋が『この名字の印鑑ありますか』ってよく店に飛び込んできたんだよね」。困っているお客さんにどんな名字でも「あるよ」と応えたいとの思いが、品ぞろえの充実につながっていく。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです