メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 センセープ運河(タイ・バンコク) 市民の足で異世界へ

バンコク中心部を行き交うセンセープ運河のボート=アジア総局助手ハタイチャノック撮影

 目線の高さが変わると、見慣れた風景も異なる趣を醸し出す。東京の神田川のように建物全てが頭上にある、というわけではないが、バンコクを東西に流れるセンセープ運河のボートも、異次元の気分を味わわせてくれる。

 「クルンテープ」(天使の都)と呼ばれるバンコクは、タイを北から南へ流れるチャオプラヤ川のデルタ地帯に位置する。かつては大小3000とも言われる運河が張り巡らされ「東洋のベネチア」と例えられたそうだ。

 センセープ運河もその一つ。考古学者のスダラ・スチャヤさん(59)は「戦略的な目的で、1837年から3年がかりで開削された」と説明する。時の国王ラマ3世(1824~51)の時代、今のベトナムやカンボジア、ラオスとの戦争があり、バンコクへ兵士や武器、食料を迅速に運ぶために建設された。

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです