メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここで創る3.11

東日本大震災6年/4 片平仁さん(CGアーティスト)

片平仁さん

「原発はモンスター」伝え続ける

 山の中の道を車で進んでいく。JR福島駅から30分ばかり。福島市大波地区に近づくにつれ口がなめらかになった。

 「あそこの雑貨屋で毎日画用紙を買って、絵を描いていたんです」「小さいころ日中預かってもらっていたお宅が、そこです」

 東京電力福島第1原発事故をテーマに制作を続けるコンピューターグラフィックス(CG)アーティストで高校教諭の片平仁さん(57)=福島市=は、小学校に上がるまで育ったこの場所で懐かしそうに語る。「何十年ぶりかに来ました」と、大波小学校の校庭で何度も遊んだ鉄棒を見上げた。

 だが今、校舎に子供の姿はない。人口減少に、原発事故が拍車をかけた。事故直後の4月、同小の大気中の放射線量は毎時3・8マイクロシーベルト以上を記録し、一時屋外活動が制限された。転校などで児童数が減り、2014年4月に休校。今年3月末には、廃校となる。

この記事は有料記事です。

残り1065文字(全文1451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです