メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史ウオーカー

/109 蟹江合戦があった愛知県蟹江町を歩く=長屋良行 /愛知

「おかっつあんの唄」は凱旋歌

 桑名石取祭(いしどりまつり)の祭り唄の中に、こんな歌詞がある。「おかっつあんは うちにか 蟹(かに)が桃を挟んで ハサミちぎってほったった ほったった--」。意味の無いざれ唄のようだが、実は織田信雄(のぶかつ)と滝川一益(かずます)が戦った「蟹江合戦」を謡っているという説がある。「おかつ」とは「信雄」を指し、「蟹」は蟹江城、「桃」は滝川氏の家紋(実際は、丸に竪木瓜紋(たてもっこうもん))を表しているというのだ。

 今回は、この歌詞の謎を探りに蟹江合戦があった愛知県蟹江町を歩いてみたい。スタートはJR関西線の蟹江…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. みのひだフォーカス 食品サンプルの街 郡上の象徴 「ゴジラフライ」作者、誰? 上田酒店店主「お会いしたい」 /岐阜

  3. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 江川紹子さんのまとめ 「合意のない性交は処罰」に潜む危うさ 被害者のため何をすべきか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです