メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史ウオーカー

/109 蟹江合戦があった愛知県蟹江町を歩く=長屋良行 /愛知

「おかっつあんの唄」は凱旋歌

 桑名石取祭(いしどりまつり)の祭り唄の中に、こんな歌詞がある。「おかっつあんは うちにか 蟹(かに)が桃を挟んで ハサミちぎってほったった ほったった--」。意味の無いざれ唄のようだが、実は織田信雄(のぶかつ)と滝川一益(かずます)が戦った「蟹江合戦」を謡っているという説がある。「おかつ」とは「信雄」を指し、「蟹」は蟹江城、「桃」は滝川氏の家紋(実際は、丸に竪木瓜紋(たてもっこうもん))を表しているというのだ。

 今回は、この歌詞の謎を探りに蟹江合戦があった愛知県蟹江町を歩いてみたい。スタートはJR関西線の蟹江…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1126文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです