メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/31 冨田酒造 蔵変えた妥協なき精神 /滋賀

木をふんだんに用いた真新しい蔵に立つ蔵元の冨田泰伸さん=滋賀県長浜市の冨田酒造で、山本直撮影

 「冨田さんが帰って来て七本鎗(しちほんやり)が変わった」。県内の酒造・酒販業界関係者は口をそろえる。全国に名を知られた銘酒だが、大きな変化は2002年に専務の冨田泰伸さん(42)が蔵へ戻ったのが契機、というのが共通認識なのだ。「酒造りも販売方法も変えていかなければと思っていた」と冨田さん。その改革の精神に妥協はない。

 蒸し米の湯気がもうもうと上がる様子を見て育った。おぼろげながら「将来は自分がやるのかな」と思っていたが、勉強したことはなかった。ただ、京都産業大経営学部を卒業後に入社した総合バイオメーカーの協和発酵工業(現協和発酵キリン、本社・東京)では強く希望し、一般職150人のうち4人しか選ばれない酒類の担当になった。

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです